MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

ライザップ

最近、マスコミをにぎわしているライザップ。業績不振企業を純資産以下で買い、負の暖簾による一括利益計上でPLを作っていたとのこと。業績を右肩上がりに見せて、成長を演出、今年6月に350億円を高値で増資しているあたり、んー、品がないといったら言い過ぎか。。。

https://biz-journal.jp/2018/04/post_23110.html

もっとも、決算書を見ればこんなからくりすぐわかるわけで、はやり個人投資家も最低限の会計知識はないといけませんね。しかも、こんな再生ファンドみたいなハイリスク投資ビジネスをやっている会社を高いマルチプルで買ってはいけません。繰り返しになりますが、実力ベースのEBITDA×マルチプル、この計算式をとことん突き詰めないといけません。

しかし、この会社は本業の健康・ダイエット事業は、これから海外展開を考えても、中々面白いなと思う一方、買収した会社がまじめに調べたわけではありませんが、まぁ、正直旬を数十年前に過ぎた会社も多く、再生といってもねーという感じです。

ということで、ちゃんとValuationしようと思うと、健康・ダイエット事業とそれ以外の投資ビジネスを分けて、前者はDCFで計算、後者は清算価値等で評価して仕上がりいくらかみたいな計算をざっくりしようとおもったり、セグメントもぐちゃぐちゃ(わざとか?)で計算できませんでした。

まぁ、さっき言った通り、増資をして資金はあるでしょうから、この資金を使って、ダメな事業をびしびし切っていけるかが大事な気がします。