MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

リースフリーレートの取りかた(番外編)

前回お話したとおり、リスクフリーレートは、評価日時点の国債を使います。資本コストの計算式は、RF + ERP β.という計算式から、RFが上がれば資本コストが上がり、資本コスト(割引率)が上がるということは、企業価値が下がるということになります。

(たとえば5年後の100は3%なら86、5%なら78)

ということで、事業計画に変更がなくとも、国債の上限で企業価値も上下することになります。従い、低金利なら売り時、高金利なら買い時という数式が成り立ちます。