MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

終身雇用とは会社から従業員に一方的にGiveするものなのか?

トヨタ経団連の会長の発言で話題になっている終身雇用の終焉。確かに、ノースキルの学生を企業が一から育てるのでは間に合わないとか、事業の盛衰が激しい時代に、これ以上雇用を守りきれないとかその通りだと思います。

一方、従業員の視点で言うと、経営者も楽してきたよねと私なんて思ったりします。社員のロイヤルティーが高いのをいいことに、社外で一切不要の内向きの仕事を優秀な社員に散々便利使いさせたり(議事録や〇〇会議の資料作成)、世界レベルで見ると異常に安い報酬水準だったり、場当たり的な人事異動、適当な評価のフィードバック(年次があるから、真ん中でみたいな)。

ということで、当然、会社から従業員に一方的にGiveしているみたいな議論になりがちのこの議論ですが、実際は従業員と経営者の真剣勝負みたいな構図に変わるんだとせば、生産性向上にはいいかもしれません。

でも経営者の矜持、人間性尊重みたな、日本型経営は個人的な趣味で言えば、好きなのですが。