読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

TagとDrag

法務

前回譲渡制限の話をしたが、Tag alongというものがある。これはパートナーが第三者に譲渡するとき、同条件で自分の持ち分も売ってもらう権利。合弁事業をやると、パートナーがいないと成り立たない事業というものがある。(商社とメーカーでモノ作りはパートナーしかできない等のケース)この場合、基本譲渡制限の話をするが、まとまらない場合は、売ってもいいけど、僕のもいっしょに売ってねということでTag alongをもらう。

これを要求するともれなく、パートナーからDrag alongを要求される。これは、パートナーが第三者に譲渡する際、同条件で自分の株を買い取られる権利。第三者からすれば、よくわからない株主がいるのは嫌がるはずなので、100%の方が売りやすいということで、この権利が要求してくる。Dragは自分で売却価格をコントロールできないので、フロアーをつけたりする。