読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

なぜ債務超過=倒産ではないか?・

財務分析

うちの新人に「この会社債務超過なのに、なぜ倒産しないのですか?」と聞かれたので、その答え。 

まず債務超過とは会計上のBSで、株主が払い込んだ資本金等よりも、過去の累積損失が大きくなっている状態。つまり、過去、株主から預かった金を全てすってしまっている状態。(例:資本金1億円と借入50百万円で事業を始めたが、全額すってしまった。この場合債務超過額は50百万円)

ではなぜつぶれないかというと、誰か(基本は株主か銀行)が継続して資金を出してくれるから。なぜ儲かっていない会社に資金を出してくれるかというと、理由はさまざまで、以下の通り。

・大企業にとって戦略子会社で、まだまだ金をつっこんで成長させたい。

・銀行が金を貸し付け過ぎて、損失計上を先送りしたい。(too big to fail)

・過去は儲かってなかったが、しっかりとした将来もうかる計画があり、それが銀行にも認められている。

・BS上の資産に含み益があり、実質は債務超過ではなく、それを担保に金を貸せる等

いずれにせよ、最初にいったように、債務超過とは過去儲かっていなかった結果を示すものであって、資金繰りとは異なる概念ということを理解しなければならない。