読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

PBR

ファイナンス

 

マルチプルによるValuation手法の一つ。Price book value ration。計算式は以下の通り。

 

  株価/1株当たりの純資産(純資産÷株式数) 両辺に株式数をかける

  時価総額÷純資産

 

上記式からも分かる通り、時価総額が会計上の純資産の何倍かを見る指標。Cash Flow ベースのValuationが一般的な中で、会計ベースのold-fasionなアプローチと言える。

 

純資産は、会社の解散価値。つまり、簿価で資産を売却し、負債を返済した後に残る現金なので、その意味ではPBRが1倍以下なら、安心とは言える。但し、資産に不良資産が含まれていないか等の会計処理の適切さはしっかり見る必要がある。(DDをやらないと現実的には難しいが)

 

話はそれるが、私が入社したところは、純資産ベースでの買収が結構あり、今思うと買い手にとっては安値で買収できる牧歌的でいい時代でした。

 

いずれにせよ、前述の通り、cash baseの評価ではないので、あくまで参考地にしておくのがいいでしょう。尚、当然ながら、類似会社と比べるときはD/Eが同じ会社を選ばないといけません。