MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

DD リストは削っていいか?

 

Due Diligence(DD)の際に弁護士、会計士がSellerに開示を要求するリストを作成するが、通常100項目以上に亘る。これを見たBさんは、「こんなのSellerに出したら怒ってしまうよ、大体数が多すぎるし、会計士と弁護士のリストは重複してるし、且つ、メーカーでもないのに環境関連や、やってもいないデリバティブも要求資料に入ってる。我々(買い手)でリストを1本化し、不要な質問も削除しよう」とのコメント。

 

これに対する回答は、弁護士・会計士そのまま投げればいい。

 

まず、Buyerで不要な質問を削ってはいけない。Not applicable(非該当)や「ない」という回答も立派なDD。あとからもし見つかれば表明保証違反でクレームできる。

こっちで勝手に判断してはいけない。

  

重複するリストを一本化するのことに実害はないが、M&Aでは弁護士・会計士のリストをそのまま放り込むのがPractice。あれこれ考えずにしれっと送ればよい。忙しいし。