読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

表明保証(rep & warranty)があるのになぜDDが必要か?    

M&A

うちの若手Aの質問「Sellerは金持ちで、表明保証してくれるのに、どうして会計士・弁護士雇って手間暇かけてDDやらないといけないのですか?」

 

自分で考えろと蹴りを入れる代わりに、丁寧に説明すると、

1.表明保証違反は実際に払ってくれるかわからない。金があっても、いちゃもんつけて、ごねるかもしれない。後から、表明保証違反により回収するより、DDで見つけて買収代金から減額した方が確実。

 

2.宗教や反社会的勢力との取引等、金では解決できない問題がある。DDで見つける分には取引をやめるだけだが、買った後では遅い。

 

3.会計・法務DDは、会計や法務のアングルで見たビジネスDD。つまり、事業計画の評価に繋がるもの。例えば、現状。ライセンスビジネスで儲かっていても、三陽商会バーバリーのようにTerminateされるリスクがある。これを法務DDであぶり出し、事業計画、Valuationに反映させる。このように、法務・会計(特に税務)は事業計画の精査に欠かせない。