読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

ブックスキャン

https://www.bookscan.co.jp/というサービスを利用して、書籍を電子化しました。
月額1万円弱で50冊までSCANしてもらえます。送料込の段ボールを1000円で購入し、送って7週間弱で
きれいに電子化してもらえました。品質も満足で、質問してもすぐに的確な答えがもらえて、サービスもよかったです。
残念ながら、そんなに電子化する書籍がないので、1か月でサービスをやめましたが、PDF化を検討している人はおすすめです。

前にも言いましたが、100冊ぐらいの書籍をkindleで持ち運ぶのは快適です。500ページぐらいある重たい本籍もこの数年全く読めてませんでしたが、今は電車とかで読んでます。おかげで、積ん読が減り、読書量が増えてます。部屋もスッキリしました。

日本人が多い学校

後輩からmbaの学校を選ぶ際、日本人が多い学校についてどう思うかを聞からたのでコメントします

 

やはり pros consあります。

欠点は想像の通り。日本人でつるんでしまう。これはどんなに意思が強くても不可避でしょう。大体、ファイナンスとか英語で理解するの大変だし、横の商社とか証券会社の人がいたら、日本語で聞いてしまうでしょう。あと、日々疲労している中、休みの日は日本語でゆっくり酒を飲みたいというのは人情。

 

良い点としては、日本人同士のネットワーキング。なんだかんだで、外国人とのコネを仕事で活かすのは難しいので、投資銀行とかコンサルとかに日本人の同級生の知り合いができるのは、仕事上強力なメリットになります。また、日本人が毎年それなりの人数がいれば、アルムナイネットワークも太く強くなります。たとえ同時期にいっしょじゃなくても、同じB-school似通ったという事実だけで、かなり近い関係になります。

 

トータル日本人が多い学校をお勧めします

選択と集中

選択と集中はよく聞くフレーズだが、個人的には時代遅れのような気がしている。


世の中は不確実であり、これに対応するには選択肢を広く持ち、コミットを遅らせるのが定石である。選択と集中によりコストを減らすよりも、企業の体力が持つ限りはできるだけたくさんのものをポートフォリオに持ち、ニッチからマスに移行するタイミングを持ち、そのタイミングで選択と集中をするべきと考える。

 

成熟産業ならまだしも、社内で戦略の話をする時なんとなく、選択と集中を言う人が周りに多いので疑問を呈してみました。もちろんどこに資源をはるかは戦略の要諦ですが、シャープがテレビ一本足打法であっという間に傾いたことを見れば、分散やむなしですよね

海外駐在2

前回、商社の海外勤務が多いという話をしましたが、その勤務実態について少し書きたいと思います。

 

商社の海外駐在は3パターンで、1つ目が留学や研修生、2つ目が投資先への出向、3つ目が海外独法(アメリカ●●商事)があります。1と2はイメージできると思いますので、3つ目について書きます。

 

私が十数年前に初めて海外出張で海外オフィスに行ったとき、まず日本人の多さにびっくりしました。大体1/3から1/2が日本人で、オフィスの中は普通に日本語が飛び交ってました。当時はオフィスにゴルフバックがあり、喫煙ルームでは親父がだべる、ということで、めっちゃthe 日本企業でショックを受けました。なんだかんだいって、未だ日系企業との取引が多いので、これはある意味仕方がないのですが、外国人とバリバリ働いているイメージと乖離してます。

 

これが嫌な人は、外資とのJV等投資先のポストを掴むと、日本人は自分だけみたいない状態になります。これはこれできついのですが。

 

いずれにせよ、帰国で英語がnativeでもない限り、
海外で働くのは実際は難易度が高いはずであり、
その意味では海外勤務のopportunitiesはありがたいし、働いている人間としてはモチベーションになります。

海外駐在

海外勤務者が多いランキングが以下東洋経済の記事に出てました。

http://toyokeizai.net/articles/-/158196?page=3

割合で行くと、商社の海外勤務者は、5人の1人ぐらいでしょうか。
社員数には一般職も含むので、すごい割合ですね。

実際、周りをみても、大体回ぐらいは海外駐在に行ってますし、人によっては国内より海外勤務の方が長い人もいます。外資系に勤めても日本のlocal staffとして、英語を使っても純ドメの仕事をするわけですし、海外勤務したい人にとっては、やはり商社はおすすめということになると思います。

mba ranking

FTのMBA rankingが今年も発表されてましたね。

http://rankings.ft.com/exportranking/global-mba-ranking-2017/pdf

たかがランキング、されどランキングということで、やなり母校のランキングは気になるものです。

ランキングについて私の意見を述べます。

 

元々行く前は、社費派遣の場合、top20以上という縛りがあったりして、日本企業の主戦場のアジアのB-schoolはほとんど対象外だったり、Babsonみたいにアントレ分野では抜群の学校も漏れてしまうので、
学びが最も大事なのにもったいないなと思ってたりした。

一方、実際MBAに行ってみて思うのは、はやりランキングは大事だなと実感しました。一番の理由は、MBAの学生はなんだかんだいってランキングを見て学校選びをしているということ。数千万の投資をするので当たり前と言えば当たり前だが、学校選びの大事なCriteriaの一つになっている。
従い、学生の質とランキングの相関はかなり高いという感想を持っている。

 

また、学校も相当ランキングを意識して、学校運営をしている。B-school間の競争は熾烈であり、学校もランキングを少しでもあげるべく、日夜努力を
している。その意味では、ランキングはB-schoolの努力の証であり、やはりランキングの上位校は組織として優れていると思う。

MBAに行く前は、ランキングなんてと思ったりしていたものの、悔しいながら今は上記のような意見を持っています。

キンドル

電子書籍を3か月前から使っていますが、感想を以下述べます。結論としては、pros とconsがあるものの、何冊も持ち運べるメリットがデメリットを凌駕して、総論買ってよかったと思ってます。

 

いい点

1.何冊も持ち運べる。気分に応じて、次々に本を変えられるのはかなり便利です。結果読む本が増えた気がします。

 

2.場所を取らない。ハードの本も電子化して家がすっきりしました。


悪い点

3.パラパラめくれない。Kindkeも移動機能があるが、はやり飛ばし読みや、「あれどこにかいてあるっけ」とパラパラめくりながら、探せないのは少しストレスですね。

 

4.書き込めない。(正確にいうと機能はあるが面倒)

 

もっとも、検索機能や、ハイライトした箇所を一覧で見れたり、もっというと書籍のcopy & paste等電子書籍にしかない機能もありますが。