読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA x 総合商社道場

MBAと総合商社の事業投資をメインの話題にしたブログです。

生産性 その2

前回、生産性についてコメントしたが、個人的にはアウトプットの定義をしっかりやることが大事と感じている。

生産性の議論は、たとえば会議を減らそう、スマホ断ち等のインプットに力点が置かれるが、ゴール、つまりアウトプットの設定の方が大事だと思う。
なぜなら、インプットはアウトプットの逆算だから。

一方、アウトプットの定義はワーカーと異なり、ホワイトカラーの場合は難しい。たとえば、商社も、儲かる投資をするというのが究極のアウトプットだとしても、中には数年がかりで仕込む案件もあり、
大枠過ぎるので、細分化が必要。そうすると、Dealの検討数なのか、出資先の訪問数なのか、社内の関係者の根回しなのか、KPIは無数に広がる。結局、仕事の付加価値をとことん自ら問い、考えることが生産性の向上に繋がるかもしれない。

生産性 その1

HBRで伊賀泰代の生産性に関する記事(http://www.dhbr.net/articles/-/4574)が出ていて、おもしろかった点が2つ。1つが、「結果が出ないときに量で補おうと残業するやつはマッキンゼーで生き残れない。」という点。結果が出ない理由を突き止めそのスキル・ナレッジを身につける努力ができることが求められるとのことだが、全くその通りだと思った。長時間労働はなんとなく頑張って気になるし、まわりもそう評価しがちだが、これはいさめなければならない。

 

もう一つが、5時間で80の成果を出している人と、15時間の労働で90の成果を出している人がいる場合、前者は評価せよとのメッセージ。後者を会社として評価すると、究極労働時間を延ばすインセンティブとなり、生産性をあげることができない。

 

最初に読んだときに、これは難しい問いだな、90点、100点を取ることも企業にとっては重要なのではと思っていたところ、たまたま読んだ山口周さんの本(外資系コンサルの知的生産術)に「プロというのは常に100%を目指すというのは勘違いで、プロというのは、80%の力で、クライアントを継続的に満足させられる人」をいうというような趣旨のことが書いてあった。要は常に全力投球では体が持たないし、効率も悪いと。80点、つまり合格点が取れる範囲で割り切りし、その合格点を取るための最低限の努力をすべしとのことで、個人的にはとても納得しました。

リーディングの勉強法

後輩にリーディングの勉強法を聞かれたので、お勧めの方法を紹介します

一つ目は量を読むこと。mbaに行くと毎日百ページは英文を読まないといけないので、結局速読の近道は慣れということになる。

基本的なには毎日のノルマを一日30ページにしてひたすら読みまくる。ポイントはいきなりエコノミストではなく簡単なモノから始めること。お勧めはペンギンリーダーが楽しめるので良い。うちの近所の図書館にも置いてある。

 

次のお勧めは暗証。長くなくていいので文章を暗記する。すると構文が頭にH入るので、頭から読みかえりをせずに英文が読めるようになります。

 

やっぱ英語の勉強は地味ですね

 

 

商社のPL経営

投資会社に業態を変えた商社だが、もちろん投資時はIRRやNPVで案件を評価するものの、成績表は相変わらずPL。上場会社である以上は、PLはついて回るし、マスコミの記事を見てても、PLを基準で総合商社を比較している。

でも、PLは金で買うことができる。例えば、伊藤忠は、CITICへの6000億円に対して、毎期700億円程度の持ち分利益が上がる。日本のメガバンクからかなり安く金を借りて、中国に投資するので利回り高く、この調達金利との差が利益になる。一方、ファイナンス的には時価のものを時価(+プレミアム)で買っただけなので、買収時点では1円も価値創造をしていない。でも、PLは700億円もつくのである。(CITICへの投資はかなり戦略的でいい投資だと思いますし、これから、CITICを軸にビジネスを展開し、価値創造をする計画だと思います。)

これはこれで会計のルールなのでどうしようもないが、問題は成績表がPLで評価されるということ。PEファンドみたいにIRRで評価したいところだが、投資家はPLを見ており、ここが悩みどころ。でもPL経営を続けていると、買収してPLがついてHappyみたいな思考回路の人が減らない。。。。

 

 

 

英語ができなくても総合商社に入れるか?

これも答えはYES。私も入社するときは、恥ずかしながらTOEIC600点弱だったし。

もちろん、できた方が有利だと思うが、Mustではない。

 

「英語ができる=仕事ができる」ではないのでMUSTにする必要がないし、面接官も大半が帰国子女ではなく、英語に苦労しているので、入社してからがんばればなんとかなるさと思っている。

 

もっとも、海外ビジネス比率が高いので、入社して2,3年経てば当然英語ができないは通用しないし、英文の契約書なんて、インフラ案件では1,000ページは普通に超えるので、そういう環境で働く覚悟は必要ですが。

MARCHでも総合商社に入れるか?

答えはYES。少ないけど、普通にいます。私自身もマイナー大学の出身だし。あと帰国子女でも体育会でなくても、普通の学生も普通に入社してます。

私も1次面接の面接官をやっているが、会社から学歴について特に指示はないし、採用するつもりがあるから、そもそも面接に来てもらっているので、学歴に関係なく、魅力があれば2次に進んでもらっている。

じゃー、なんで少ないかというと、これはうちの会社の話ではなく、大学の友達で証券会社の友人で人事のやつが言っていたが、結局、学歴と準備に相関がかなり高いらしい。簡単にいると、いい大学ほど、有名企業に勤めているサークルの先輩等からの情報も多いのか、早くから、そして一生懸命努力するので、いい結果が出る。筆記試験も中身を見れば頭の良さを問うものではなく、準備すればできるテストだが、学歴によって如実に結果が違うらしい。但し、逆にいえば、準備さえしっかりやれば、同じ土俵に立てるということ。是非、気合入れて頑張ってほしい。

 

商社に学閥はあるのか?

私の会社は、既に20年近く勤めるが、学閥を一切感じたことない。もっと上にいけば、あるのかもしれないが、他社を見ても過去横浜国大、小樽商科大、MARCH出身の役員もいたりするからやっぱり関係ないのだろう。

学閥よりあるのが、部門閥。あの人は鉄出身、インフラ出身等頻繁に会話に出てくるし、帰属意識も非常に強いので、どの部署出身かは非常に出世とリンクする。その意味では配属がかなり大事になる。 新卒で商社に入るリスクの一つでしょう。最も、最近は部門を跨いだ異動も可能なので、実力があればどうにもなりますが。